site map

大阪ラプソディー

宗右衛門町について書きたいと思います。こんにちは、大阪のグルメブログ遊々クラブです。
宗右衛門町御堂筋側入り口、今日は、仕事も順調に終わりいつもの様に友人達と一杯引っ掛けた後、少し飲み足りないのか気ずいたら宗右衛門町まで来てしまった。今日は、スナックに行こうと思ったが気がそれた。私は今のミナミは嫌いだ、昔と風情が全く違う。一体誰がこんな町にしたのか?
宗右衛門町入り口西













右手にキリン会館が見えるが、昔その3Fに映画館があったなんてもう誰も覚えていないだろうな。もう24年位前になるか、当時付き合っていた女性とランボー愛と青春の旅立ちのリバイバル版をここで観た。さー、夜の世界の始まりだと意気込んではみたが足は自宅に向かった!全く、最近のミナミはもう昔の風情が無くなりつつある。まるで、新宿の歌舞伎町の様な佇まいである。哀しい限りである。

★このお店が気になったら人気blogランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへココをよろしくね!

大阪 夜景 風景

道頓堀 夜景について書きたいと思います。今晩は、グルメブログの遊々クラブです。
道頓堀の夜景は、深夜が一番奇麗だと私は思っています。

ところで、新しいデジカメ絶好調である。以前の携帯はもう使えないなとしみじみ感じた今日である。しかし、ここまで進んでるとは思わなかった。道頓堀夜景の2秀作と普通作品一つです。TOPの作品は或るテクニックを駆使して撮影したもです。これも気にってます!
  <道頓堀夜景を西から眺める深夜>
夜景2













  <これが一番のお気に入りです!>
道頓堀西夜景













  <普通に撮影した場合!>
夜景3













我ながら感動ものである!これで、大阪中の写真を撮りまくろう!?

★この写真が気になったら人気blogランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへココをよろしくね!

大阪ラプソディー

道頓堀 夜景 写真について書きたいと思います。今晩は、グルメブログの遊々クラブです。
道頓堀夜景、道頓堀入り口の看板ネオンが、七色に変化するなんて大阪に来て24年で初めて知った!嫌、意識してそうなのだと感じたというべきか?道頓堀西側入り口なのか門なのか、改めて日頃物を見てるようで見てないことが良くわかった。そう言えば、あのころ彼女とレンガの橋までよく来て取りとめもない話をしたなー!ところで、以下の看板ネオンの所在がどこにあるのか発見出来た方には、プレゼントがあります!(注意、物質ではありませんが,笑い!)
 <ネオンが変化して行く様子道頓堀夜景
道頓堀西夜景1













道頓堀西夜景2













道頓堀西夜景3













道頓堀西夜景4













改めて見ると不思議だなー!こんなのあったかなーと思う?御堂筋の西側に行くようになって何年かなー?18年くらいかなー。吉田バーかキー・ポイントに行く様になってからかなー?
★この夜景が気になったら人気blogランキングへ
にほんブログ村 グルメブログへココをよろしくね!この記事は参考になりましたでしょうか?

大阪ラプソディー

キリン会館とキリンプラザ大阪について書きたいと思います。

新しいデジカメを購入してから、まるで子供のようである。どうでもいいような物を撮っては削除の繰り返しである。今日は仕事の帰りに宗右衛門町にまで足を延ばし、大阪名物の看板群を取り捲った。良く撮れたものを乗せてみた。昔はキリン会館の映画館でよくデートしたものだ。笑い^^!

現在は、キリンプラザ大阪又は、KPOキリンプラザ大阪といい、博物館に加えて美術館もある。

TEL:06-6212-6578
休日:年末年始
住所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-2
料金:イベントにより異なる
営業時間 :11時〜21時

           < 3Fはビアホールである >
キリン会館1











設計は、黒川紀章か安藤忠雄(あんどう ただお)氏かなと思っていましたが、「高松伸建築設計事務所」さんだそうです。失礼しました。
グリコ2














現在は、キリンプラザ大阪(きりんぷらざおおさか)が正式名称だ。

ブラックレインにも写っていましたよね。
松田勇作か、私はライバルと思っていから(笑い)あまり好きと云うほどではなかったが、故人を思うと懐かしくもある。そんなに、秀作でも何でもなかったが蘇える金狼が印象的かな!?

最後まで読んでくれて有難うございます。
当サイトは、人気ブログランキングに参加しています。
記事が面白かったり、ご賛同頂けましたら、清き一票を下さいませんか。

左サイド中段に投票ロゴがありますので宜しくお願い申し上げます。感謝!

この記事は、大阪のグルメブログのオリジナルによるものです。これからも、真実のグルメ情報を追究して行きますので応援宜しくお願い申し上げます。