site map

大阪のグルメブログ大阪グルメ 酒の肴鯛を揚げたりソテーしてみました。

大阪グルメ 酒の肴

鯛はお好きですか。

本日は、鯛の料理法についてアレンジしてみた結果を世間の皆様に、恥も外聞もなく紹介したいと思います。

昨年の暮れに高知の友人の亀さんがまた見事な鯛を送って下さいました。
季節の変わり目の恒例贈り物です。もう3年目になりますでしょうか。
詳細は、海援鯛 PART4をご覧下さい。
親戚よりも長いです。感謝!!

さて、すでに約2ヶ月近く経過した話題なんですが、発表するかどうかで迷っていました。笑い^^!
CIMG3003

魚を捌くって結構大変なんですよね。
家内は出来ません。食べるのは好きなんですがね。笑い^^!
でっ、いつもやるのは男である私の役目なんですよね。
ついでに後かたずけもです。
CIMG3005_edited

はい、綺麗に三枚におろしております。
まっ、誰でも出切ることですからこの過程は大した話題ではないのです。

しかし、この大きな魚を捌くという行為は、このマンションという集合住宅では何かと大変なんです。先ず余裕のスペースがないんですよね。時間もかかりますし、包丁を使い慣れない方には危ないこともあります。又、鱗の処理が実に手間がかかります。

だから魚屋さん、鮮魚店で、無料とか100円程度で捌いてくれるお店は実に良心的だということを云いたい訳です。
CIMG3035_edited

でっ、問題は、こいつをどう料理するかが問題なのです。
いつもは、お造り、鯛しゃぶ、鍋物、お吸い物できまりなんですが、ふっとインスピレーションが働いた(得た)私はオリジナルメニューに挑戦してみようと思いました。鯛を使ったという意味でですよ。
CIMG3034_edited

半分は、鍋物でその晩に頂きました。
我が家には、いつでも鍋物が出来る様に、常に白菜、しいたけ、えのき、白ネギ、豆腐は揃っていますので、四日に一度は鍋なんです。エンゲル係数に比例しているということでしょうか。ニラはなかったかな~。

翌日、挑戦というか、気分で、残しておいた切り身をソテーしようと思いました。
世間では、添えつけの野菜には、パセリ、ローズマリー、タイムなどの香草を使用するのがおしゃれであり、無ければ玉ねぎ、ほうれん草など何でもいいんですけれどね。

鯛の下味付けには岩塩を使ったりする凝った調理法もテレビでやっていましたね。

本格的には、メインのソースには、バター、生クリーム、胡椒、ニンニク、醤油、白ワイン、バルサミコ酢などで工夫するのが常識です。まっ何でもいいんですが!

あのう、一応断っておきますが、やろうと思えば誰でも出来る簡単な料理です。
うちの家内でも出来るほどの簡単な料理です。

ポイントは、鯛をオリーブオイル焼く時は、弱火でじっくりあせらずに時折ひっくり返しながら、白ワインなどで蒸すと柔らかくさっくりとした食感で最高の焼き加減になります。さっくりという表現はちょっと違うかな~!?

ですが、その時は面倒臭かったので、味付けは塩胡椒で、オリーブオイルで焼いただけのものに、檸檬胡椒をふって出来上がりにしましたとさ!笑い^^!
CIMG3037

超せっかちな私は、缶ビール片手に、強火で一気に焼き上げ、且つワインがなかったのでそのまま蒸しもしなかったのでした。
CIMG3036_edited

間違いではないが、これをソテーした料理と呼ぶには反則であり、亡国の民主党のマニュフェスト並みの出来でしたので、これまで公開をためらっていたのでした。大袈裟な!?

結果、カリッカリッのいい感じのおつまみが出来上がりました。
ちょっとだけ食べてみたら、これはこれで味付けさえすればいけるじゃんという判断になりました。わざわざ岩塩を買ってきたのと胡椒で味付けし、翌日の朝型手前までの酒の肴にちょうど良かったですね。でもちょっと足りなくて醤油の登場でした。結局、私一人が独占的に頂きました。

◆これからは、以外と「魚のカリッカリッソテーもどきおつまみ」もいけるという大発見をしたのでした。笑い^^!

今度は、鯵や鯖でも試してみましょうかね。
鯖は崩れるかな。やはり、鯛、平目、カレイ、ほっけの系統ですね。
ほっけの油の乗っていないのは焼いてもまずいからな~、以外とこの方法で解決できるかも!?

そして、いつもは捨てる骨のぶぶんですが、こんなんしてみました。
油で揚げてみました。
CIMG3014

ちょっと、油は古くなかったのですが、写真画像の色目が良く無かったですね。
加工してしまったのがまずかったかな~!?
CIMG3017

画像は、若干色合いが悪いですが、これも酒の肴にはなりましたね。
でも、労力の割には量が少ない。
骨は、近所の仲良しノラちゃんに上げましたとさ。
CIMG3020

カマと頭はそれなりにいけたみたいですね。
子供ではなく家内が全部たべました。笑い^^!
CIMG3022

最後まで読んでくれて有難うございます。
当サイトは、人気ブログランキングに参加しています。
記事が面白かったり、ご賛同頂けましたら、清き一票を下さいませんか!?
左サイド中段に投票ロゴがありますので宜しくお願い申し上げます。感謝!

この記事は、大阪のグルメブログのオリジナルによるものです。これからも、真実のグルメ情報を追究して行きますので応援宜しくお願い申し上げます。

<<酒粕鍋大阪のグルメブログのトップへ乾麺うどん イオン>>

 コメント一覧 (4)

    • 4. 酔いどれ吟遊詩人
    • 2011年02月19日 23:23
    • ★ゴン太0135さん!

      ★探偵PUNKさん!

      ★MONICAさん!

      皆さん、コメント有難うございました。

      ホイル焼、甘酢あんかけ、昆布〆か〜〜〜!
      成程!
      勉強になりました。
    • 3. MONICA
    • 2011年02月12日 00:38
    • こんばんは
      うちなら「 昆布〆 」
      「 あらい 」でしょうか
      「 あら 」は煮つけかな
      「 兜揚げ 」は、じっくりと
      2度揚げしたら全部食べられますよぉ
      ホント鯛のウロコは厄介ですよね
    • 2. 探偵PUNK
    • 2011年02月05日 16:20
    • 5 コメント有難うございました!

      魚さばけるのですね。
      ワタシは釣る→食べるの専門です。
      鯛の甘酢あんかけが好きです!
    • 1. ゴン太0135
    • 2011年02月04日 21:11
    • 5
      魚が捌けるってスゴイです。

      私が調理するなら、ホイル焼かな〜?

      *。

コメントする

名前
 
  絵文字