site map

大阪のグルメブログ大阪 夜景 風景なんばパークス

大阪 夜景 風景

なんばパークスまで遊びに来ました。

長らくお暇を頂いておりました大阪のグルメブログ、完全再開、エンジン全開で戻って参りました。

今回はつかみといたしまして、「大阪の風景・夜景・観光」編から、或る日のなんばパークスを全国の皆様に紹介したいと想います。散歩にデートに暇つぶしに、特別な買い物に持って来いの無駄使いのテーマパークとも云えるとっても素敵ななんばパークスに一度は起し下さいね。

旧大阪球場跡地に建てられた複合総合商業建築物とでも申しましょうか?
馬鹿でかいです。そして、恐らくテナントの家賃は滅茶苦茶高いと想います。笑い^^!皆さん、つかみはOKでしょうか?

          <外付けのエレベーター>
なんばパークス

正直、「こんなあほな物よう作ったな〜!?」というのが私の第一感です。
(第一感とは、囲碁の感想戦でよく使う言葉で、所謂First impressionみたいな表現です。)天王寺と南港の二の舞にならなければ・・・と想う大阪市民は私だけではありますまい。が、ここ平日にゆっくり出来るのでおしゃれな年配の大阪市民の密かな憩いの場として静かなブームを呼んでいます。それだけ暇ということですか!?ここ笑うとこですが、大阪市民といたしましてはとても笑えないですな。
            < 地下駐輪場 >
なんばパークス

自転車は、ここに100円で預けられ券が発行され、帰る際に預かり券と引き換えに100円は返却されます。こういうところに来ると、なぜか「キー・ハンター」とか「ザ・ガードマン」を思い出すのは60年代の証でしょうか?笑い^^!
            <1Fショッピング街>
なんばパークス

           <おしゃれなブティック>
なんばパークス

何と表現するんでしょうか?渡り廊下?馬の馬蹄形をしたフロアーが南側で繋いだ廊下の様な構造になっています。足は私のですが、眼科を覗き込んでも不思議と全く恐くありません。
         <6Fグルメ街付近から下を観る>
なんばパークス

こんな感じでおしゃれな椅子が用意されています。曇りの日にはばっちりです。
なんばパークス

この迷路の様にせり出した岩肌に挟まれた様な構造、いや風景どこかで観たような!?・・・そう、あれです。インディアナ・ジョーンズシリーズの邦題「インディ・ジョーンズー最後の聖戦」の撮影地になったヨルダンのペトラ遺跡のイメージにそっくりなんですが、もしかしてまさかな〜!?
なんばパークス

「タタラッタ〜タタラ〜」
なんばパークス

行き交う人々が小さく観えます。
なんばパークス

もう一階上ってみました。
なんばパークス

なんばパークスの北側には、このような空中庭園がなだらかにせり出して、まるでだんだん畑の様に各階にあります。北側には旧南海サウスタワーホテル、今はスイスホテル南海大阪がその全貌を見せてくれます。
なんばパークス


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
記事が面白かったり、ご賛同頂けましたら、清き一票を下さいませんか!?
左サイド中段に投票ロゴがありますので宜しくお願い申し上げます。感謝!

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事は、大阪のグルメブログのオリジナルによるものです。又、お会いしましょう!

<<居酒屋 1969大阪のグルメブログのトップへ家族亭の蕎麦 OCAT>>

コメントする

名前
 
  絵文字